和泉市独自支援策、第6弾【まとめ】、新型コロナウイルス感染症

和泉市独自支援策・第6弾

大阪府和泉市の新型コロナウイルス感染症における独自支援策、第6次が決定しました。

予算総額は、1億6800万9千円です。
(2021年9月30日:議決)

主な支援策は、個別で記事にしていますが一覧で見られるよう“まとめ”ました。

下記にリンクを貼っておりますのでご確認ください。

主な和泉市の支援事業(第6弾)

学校園でのPCR検査の実施

学校園において、感染者確認に伴う臨時休業等が発生した際に、その学級の児童生徒、教員等に対し、任意のPCR検査を実施することにより、感染拡大防止、感染不安の解消を図るもの。

実施期間

令和3年10月(予定)から令和4年2月末

対象 

市内幼稚園・保育所等・小学校・中学校に在籍する児童生徒、教職員等

予算額

2,354万円

問い合わせ先(担当課) 

学校園管理室 保健給食担当
電話: 0725‐99‐8230

こども未来室 幼保育成担当
電話:0725-99-8164

感染拡大防止のなかでの学びの保障

学校での感染拡大防止を図りつつ、学びの保障が確保されるよう、家庭でオンライン授業を受けることができる環境の整備に必要な物品を購入するもの。

対象 

和泉市内、小学校・中学校

予算額 

6,410万円

問い合わせ先(担当課) 

学校教育室 教育指導担当
電話:0725-99-8159

電子図書館蔵書の充実

感染拡大防止の観点から、図書館に来館せずとも自宅等での読書環境を確保するべく、電子書籍の充実を図る。併せて、電子図書館に必要な図書館カードを児童生徒に配布し、外出抑制のなか、1人1台のPC端末を利用した読書環境の確保を行う。

購入冊数 

約4,500冊

予算額 

2,180万円

問い合わせ先(担当課)

生涯学習推進室 生涯学習担当
電話:0725-44-8687

和泉市中小企業者事業継続支援金

新型コロナウイルス感染症の長期化に伴い、売上げが減少し、事業継続のための融資(大阪府新型コロナウイルス感染症関連)実行を受けた市内中小企業者を支援するために、融資実行に必要となる信用保証料相当額(上限20万円)を事業継続に必要な支援として現金給付するもの。

対象者

令和3年4月1日から令和4年2月末までに大阪府新型コロナウイルス感染症関連融資を申請し実行を受けた市内に主たる事業所を有する中小企業者等

予算額 

3,012万6千円

お問合せ先(担当課)

産業振興室 商工観光担当
電話:0725-99-8123

避難所装備の充実

避難所内での感染症拡大防止、3密回避を目的に、人と人との距離を確保する、間仕切り(ワンタッチパーテーション)等を購入する。

購入数

各避難所に間仕切り10セット(1セット2人用)、小型拡声器1台

予算額

1,270万6千円

お問合せ先(担当課)

公民協働推進室 危機管理担当
電話:0725-99-8104

公共施設へのWi-Fi環境の整備

公共施設の感染拡大防止の観点から、和泉シティプラザ、コミュニティセンター、南部リージョンセンター、北部リージョンセンターにおけるWeb会議の利用、講習・講座等のリモート開催、テレワークオフィスとしての利用等が可能となるよう、Wi-Fi環境を整える。

対象施設

和泉シティプラザ・コミュニティセンター・南部リージョンセンター・北部リージョンセンター

予算額

357万2千円

お問合せ先(担当課)

公民協働推進室 公民協働推進担当
電話:0725-99-8103

生涯学習推進室 生涯学習担当
電話:0725-99-8161

サーマルカメラの導入

成人式等、多数の利用が見込まれるイベントにおいても、速やかに検温できる環境を確保するために、サーマルカメラを購入する。

対象施設

和泉シティプラザ・コミュニティセンター・南部リージョンセンター

予算額

300万円

WEB会議・研修等の推進

WEB会議・研修や職員のテレワークの環境を整えることで、府庁での感染症拡大防止を図るべく、PC及びモニター等の備品を購入するもの。

予算額

916万5千円

お問合せ先(担当課)

政策企画室 IT活用推進担当
電話:0725-99-81114

和泉市独自支援策【前回、第5弾まとめ】

井阪ゆうたに直接LINEで問い合わせ

井阪ゆうた公式SNS

和泉市役所の年末年始業務のお知らせ

和泉市役所、年末年始業務のお知らせ(救急医療etc)

令和3年第4回和泉市議会開会

本日より和泉市議会が開会されます。令和3年第4回定例会

和泉市議場

本日、一般質問します。大阪府和泉市議会・令和3年第3回定例会

井阪ゆうたを応援する